スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)

 特別養護老人ホームの経営者らが参加する「特養をよくする特養の会」が6月16日までに発足した。特養に関連した政策提言を目指し、介護保険や施設利用者の生活の質向上をテーマとした勉強会や講演会を定期的に開催していく方針。

 国は、特養におけるユニット型施設の入所定員割合を2014年度に70%以上にする整備目標を掲げている。しかし、今年2月に発表された「08年介護サービス施設・事業所調査結果の概況」によると、08年10月時点でのユニット型個室の整備率は定員ベースで21.2%にとどまる。さらに、自治体からは財政上の理由などから、従来型多床室の整備を求める声も多く上がり始めている。

 こうした状況に対し、ユニット型施設を整備・運営する経営者から「特養におけるケアの質の向上や施設と住居の今後のあり方について、特養の利用者や経営当事者の視点から研究し、政策提言する組織が必要」との声が上がり、同会の発足が決まった。

 同会は6月27日、「特養ホームを良くする市民の会」と協力して、東京都千代田区の星陵会館ホールで「雑居部屋特養を許さない緊急集会」を開催するほか、定期的に勉強会や講演会を行っていく。また、「住まう」という観点からの施設ケアや住居ケアの調査・研究も手掛ける予定だ。


【関連記事】
国と自治体、ユニット型特養の整備で“温度差” 
一部ユニット型特養の整備など「柔軟に対応を」―関東地方知事会
一部ユニット型特養の柔軟な整備を―9都県市が国に要望
「一部ユニット型」特養、広島にも2施設
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定

亀井氏辞任、自民・谷垣総裁「3党首の自爆」(読売新聞)
<参院選>河村票取り込め 各党、市長人気無視できず(毎日新聞)
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも―振興銀の銀行法違反事件・警視庁(時事通信)
菅首相 就任後初の街頭演説 新宿駅前(毎日新聞)
豪州の砂漠に着地 「はやぶさ」の回収カプセル発見(産経新聞)

菅次期首相週明けに組閣 「反小沢色」強まる(J-CASTニュース)

 週明けにも組閣が予定されている新内閣の顔ぶれが、少しずつ明らかになってきた。菅直人新首相は記者会見で「人事は白紙」と繰り返したものの、その内実は、「反小沢派」「非小沢派」で固められる可能性が高くなってきた。

 菅氏は2010年6月4日に開いた会見では、

  「すべては全くの白紙。多少の時間をかけて、色々な皆さんの意見を聞いて決めたい」

とした上で、「小沢グループ」の処遇についても、

  「どのグループをどうこうすることは全く考えていない」

などと「白紙」を強調していた。

■財務相に野田佳彦財務副大臣?

 だが、人事は着々と進んでいる様子だ。菅氏は6月3日夜に仙谷由人国家戦略相・枝野幸男行政刷新相と都内のホテルで会談。菅氏が民主党の新代表に選出される前の段階で、事実上の「組閣本部」が立ち上がっていたとされる。

 6月5日時点で新聞各紙がそろって報じている顔ぶれは、官房長官に仙谷氏、菅氏の後任にあたる財務相に野田佳彦財務副大臣、というもの。党幹事長には枝野氏の起用も有力視されている。いずれのメンバーも、反小沢グループの急先鋒とされる、いわゆる「七奉行」の一角。さらに、「七奉行」の一員だとされる岡田克也外相や前原誠司国交相が留任した場合、新内閣が極めて「反小沢カラー」の強いものになるのは確実だ。


■関連記事
「相談して決めること多い」 菅代表歯切れの悪い記者会見 : 2010/06/04
鳩山内閣「自己崩壊」に追い込まれた矛盾 新政権は乗り越えられるか : 2010/06/04
鳩山内閣総辞職 歴代5番目の短命 : 2010/06/04
「小幅入れ替え」菅新内閣 サプライズは蓮舫議員? : 2010/06/04
首相になると菅直人ふたたび「イラ菅」に戻るかも : 2010/06/04

小規模多機能で障害者の生活介護、全国展開で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
通信制高校など3校強制競売、給与未払いで休校(読売新聞)
鳩山辞任 識者談話(産経新聞)
日光東照宮など5億円の申告漏れ…国税指摘(読売新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)

<普天間問題>名護市長「民主主義否定」…政府を痛烈批判(毎日新聞)

 「この国に民主主義はあるのか」。降りしきる雨の中、黄色のかりゆしウエアの上に透明ビニールのレインコートを着て登壇した稲嶺進・名護市長は、地元を無視した形で米国と合意した政府のやり方を「民主主義を否定している」と痛烈に批判。市民に「日本に民主主義を取り戻す闘いだ」と呼びかけた。

 稲嶺市長は「私たちの怒りは頂点に達し爆発の状況にある。沖縄はまたしても切り捨てられた」と怒りを表明。さらに地元の頭越しだった点に触れ「地方自治に対する侵害であり暴挙だ」と述べ、民主党が掲げる地方主権がないがしろにされていることを訴えた。

 また「基地問題に翻弄(ほんろう)され市民が二分される状況が続いている」と懸念を表明。「早く脱却し未来に向けたまちづくりに手を付けたい」と呼びかけた。【斎藤良太】

【関連ニュース】
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発
在日米軍再編:普天間移設 首相「県外」断念表明 沖縄訪問、市長・住民ら反発
在日米軍再編:普天間移設 鳩山首相と稲嶺・名護市長会談(要旨)
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席

御殿場女性遺体遺棄、前夫を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪問(毎日新聞)
民主が「民主」を否定 郵政改革法案、選挙優先の超短時間審議(産経新聞)
「稚拙だった」 防衛政務官、普天間対応のまずさ認める(産経新聞)
情報提供は全暴力団員分=3万8000人、証券会社に―即時照会体制構築へ・警察庁(時事通信)

里見香奈女流名人の妹・咲紀さん、無敗で予選切符…将棋マイナビ女子オープン(スポーツ報知)

 将棋の第4期マイナビ女子オープンの予選への出場権をかけたチャレンジマッチが22日、東京・千代田区のパレスサイドビルで行われ、里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)の妹で、島根・出雲三中2年の咲紀(さき)さん(14)が、3連勝で、7月17日の予選への出場を決めた。

 8歳から64歳までのプロアマ混合64人が出場し、予選出場枠「14」を争った大会。初戦が不戦勝となり、「集中力がなくなったかも」と不安を抱えてスタートした咲紀さんだが、2、3戦目と年上の相手に持ち時間を残して連勝。負けなしで予選切符を手にすると、対局中の厳しい表情から打って変わり、笑顔を見せた。

 予選には姉の香奈も出場するが、抽選で別ブロックになり、“姉妹対決”を実現させるには、本戦まで勝ち抜かなければならない。「妹ということで注目されて少しプレッシャーはあるけど、できれば(姉と本戦で)やってみたいです」と照れながらも決意を口にしていた。「教えてもらいながら10回やって、1回勝てるかどうか」という強い姉に、公式戦で胸を借りられるか。予選初戦は村田智穂女流初段(26)と対局する。

 【関連記事】
里見2冠の妹が公式戦出場
羽生名人が4連勝で3連覇…将棋名人戦7番勝負
林葉直子さん、15年ぶり将棋復帰
マイナビ女子オープン 千代田区 パレスサイドビル を調べる

農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)

庄野真代、出馬会見で「飛んでイスタンブール」熱唱(スポーツ報知)

 夏の参院選に民主党から比例代表で出馬する歌手の庄野真代(55)が11日、都内で会見し、決意表明した。庄野には「飛んでイスタンブール」のヒット曲があり、写真撮影の際に報道陣から「ジャンプを」のリクエストが出たが「勘弁してください…」と拒絶。パフォーマンスは「歌」に限定し、環境問題、音楽の著作権問題、ボランティア活動などに取り組んでいく意向を示した。

 89年の参院選に立候補(落選)した歌手の山本コウタロー(61)を通じ、昨年11月ごろに出馬の打診があった。その時は「考えさせてほしい」と応じたが、その後、違法コピーなど音楽業界の抱える問題を学び、政界進出を真剣に考えるようになったという。会見に同席した山本によると、庄野が不出馬の場合は、歌手のサンプラザ中野(49)が候補に挙がっていたらしい。

 支持率ガタ落ちの鳩山政権だが、庄野は「政権交代による変化を定着させたい」という気持ちから民主党を選択。政治とカネの問題には「嫌な思いをしてニュースを見ている」と本音もこぼした。10日には沖縄県の米軍普天間基地を視察。地元住民の声を聞き「事故があったら本当に困る」という思いを深めた。政府の事業仕分けで、音楽や文化関連の事業が次々と仕分けされる現状を見て「内から変える」と決断。淡々と思いを語った庄野だが、最後は「飛んでイスタンブール」を熱唱し、気合を入れた。

 【関連記事】
民主党が庄野真代の擁立決定…参院選比例代表
民主が歌手・庄野真代氏の公認決定
サンプラザ中野「女は怖いですねえ」

<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
改正健康保険法が成立=協会けんぽの保険料抑制(時事通信)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)

B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整−政府(時事通信)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めたB型肝炎訴訟で、政府は6日までに、裁判所の勧告を受け入れ、和解に向けた協議に応じる方向で調整に入った。近く関係閣僚で協議の上、最終判断する。
 ただし、政府内には財源問題を中心に慎重論があるほか、原告側との条件面の話し合いが難航する可能性もあり、一気に解決に向かうかは不透明だ。
 厚生労働省はB型肝炎患者・感染者を110万〜140万人と推計。このうちの予防接種による感染者数は分からず、長妻昭厚労相は訴訟の影響を「戦後最大級の規模」としてきた。
 集団訴訟は2008年3月以降、計420人が10地裁に提訴。国側は因果関係が不明などとして全面的に争っていたが、札幌、福岡両地裁が今年3月、相次いで和解を勧告。大阪地裁も翌4月、和解による解決を促した。 

<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
<子ども手当>在日外国人への支給、見直し必要…枝野担当相(毎日新聞)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記−修正案(時事通信)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)

「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)

 昔なら手抜き料理と言われそうな缶詰料理だが、今やプロのシェフも一目置く「最強食材」だ。100円以下で購入できる缶詰もあり、経済的で栄養価が高く、使い勝手も良い。そのまま食してもよいが、ひと手間加えるだけで“料亭の味”に変身するものも少なくない。(日出間和貴)

 ≪ぜいたくな食材≫

 「同じ味のソースを作ろうとしたら、5、6時間かかる代物もある。フタを開けたとき、どれも最高においしい状態になっているのが缶詰。ウニのような高級食材にしても時価ということはなく、通年、同じ価格。こんな便利な食材はないですよ」

 インターネットの「缶詰blog」で世界中の缶詰を紹介する黒川勇人さんは、缶詰を利用した調理法について思案を重ねている。手間暇を惜しまず、創意工夫することが缶詰と長く付き合うポイントという。

 あと一品足りないとき、時間がなくて凝った料理が作れないときに重宝する缶詰。旬の野菜と並べたり、少し高めでも天然のワサビを使って味を引き立てたりする。盛り付ける食器にこわだるだけでも缶詰らしくなくなるから不思議だ。急な来客でも、組み合わせ次第で全く別の料理に生まれ変わる。

 缶詰のおいしさは、旬の時期の食材を短時間に製造していることと関係がある。日本缶詰協会(東京都千代田区)は「原料の産地で最盛期をとらえて製造される。流通経費が安く、流通過程での腐敗もない」と話す。例えば、サバの缶詰(内容量220グラム)には体長約30センチのサバ1匹分、ミカンの缶詰(固形量250グラム)には生ミカン7個分が入っている。相当ぜいたくな食材だ。

 ≪ご当地ブームも≫

 缶詰の世界にも「ご当地ブーム」が広がり、これを利用するのも楽しい。これまで通販でしか買えなかった缶詰が各地のアンテナショップやスーパーマーケットにも登場してきた。

 全国各地の缶詰を食べてきた黒川さん。ちなみにお薦めの缶詰ベスト3は、(1)「わしたポーク」(沖縄県物産公社・ポークとあるが鶏肉との合いびき。クセのないさっぱり味。378円)(2)「やきとり柚子(ゆず)こしょう味」(ホテイフーズ・「定番」シリーズの新商品。ユズのほのかな風味が食欲をそそる。168円)(3)「限定品さんま味付」(清水食品・三陸沖で獲れた旬のサンマ。魚の皮がめくれにくく、形が崩れない。294円)−だ。

 日本缶詰協会によると、世界中には1200種類以上の缶詰がある。日本の缶詰製造は明治4年にフランス人から製法を教わり、イワシの缶詰から始まった。中でも水産缶詰の生産数が多く、ツナ(マグロ、カツオ)、サケ、サバが代表格で、イカ、カニ、貝類、クジラ、昆布巻きなど多彩な製品が作られているという。缶詰の賞味期限は3年が目安。開封後は品質の劣化が予想されるため、別の容器に移し替えた方がよい。10月10日は日本で最初に缶詰が商業生産された日として「缶詰の日」に制定されている。

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)
公務員2割削減を堅持 民主研究会「公務員庁」新設も浮上(産経新聞)
<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)

国内線好調、日航は国際線減=GW空の便予約−航空各社(時事通信)

 国内航空各社は21日、ゴールデンウイーク期間中(4月28日〜5月5日)の旅客便の予約状況を発表した。予約者数は対前年比で国内線が117%と好調、国際線は全体で91%だったが、全日空が107%となる一方、路線のリストラを進め提供座席数が2割以上減った日本航空は86%となった。
 発表によると、予約者数は国内線が193万7378人、国際線が35万7554人。
 国際線は、万博が開催される中国・上海が特に好調。アイスランドの火山噴火があった欧州方面も、日航、全日空ともに噴火が起きた前週より予約は増えており、影響はないとみている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
7日ぶり全路線運航再開=日航、全日空の欧州便

橋下知事「阪神高速料金改定に同意しない」(読売新聞)
9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ(産経新聞)
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
雑記帳 「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)

「2020年代に10%台後半」 経団連、同友会 成長戦略に消費税盛る(産経新聞)

 日本経団連と経済同友会は13日、新たな経済成長戦略に関する提言を発表した。持続的な成長のためには税制・財政と社会保障制度の改革、健全化が不可欠として、経団連は消費税率を「2011(平成23)年度から速やかかつ段階的に10%まで」引き上げ、社会保障費の増加分に充てるべきだと指摘。上げ幅として「毎年2%ずつ」と例示し、中期目標として「2020年代半ばまでに10%台後半ないしそれ以上」とすることを求めた。

 経団連は今回の提言を、政府が6月に策定する新成長戦略や中期財政フレームに反映させるよう政府・与党に働きかける方針だ。

 国の財政状況について経団連は、「危機的な状況」と懸念。財政健全化のために歳入・歳出の一体改革が欠かせないとし「歳出歳入改革法(仮称)」の制定を求めた。

 消費税率引き上げと同時に各種控除の見直しで所得税を公平化すべきだとしたうえで、企業の国際競争力を高めるため法人税の実効税率を現行の約40%から国際水準の30%に引き下げる必要があるとしている。成長戦略では環境・エネルギー、健康など6分野を需要創出の重点分野に掲げた。

 すでに昨年秋に年金改革のために消費税率を平成29年度に17%に引き上げる提言を行った経済同友会も、消費税を目的税化し、65歳以上の全国民に月額7万円を給付する新基礎年金制度の創設を主張。国内の医療・介護、農業分野の規制緩和を求めた。日本商工会議所も3月、「企業の創業支援で富と雇用を創出することが成長に不可欠」との提言をまとめている。

<深大寺そば>無断でJASマーク 製粉会社など書類送検(毎日新聞)
岡田外相、安保理議長として国連本部へ(産経新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
パナソニック、7V型液晶搭載を初採用した新ストラーダポケット5機種を発売
愛知・豊川の家族5人殺傷 ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)

医学部などの新設、意見集約できず−全自病(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)は4月8日の常務理事会で、医学部やメディカルスクールなど医育機関の増設・創設について議論したが、意見を集約できなかった。邉見公雄会長は同日の記者会見で、「地域によって賛成の人、反対の人がいる。なかなか(意見の)集約が難しい」と述べ、今後も議論を続ける考えを示した。

 邉見会長は会見で、常務理事会での議論について、「(医師の)診療科偏在や地域偏在(の解消)に本当に役立つのか」「現状の改善無くして医大をつくるのはあまり意味がない」など、医育機関を新たに整備することへの慎重論が多かったことを明らかにした。その上で、医師を増やす方向では一致しているが、どのような方法で増やすかについては「もう少し議論が必要」との認識を示した。また、新設に伴い教員を新たに確保するため、自治体病院の幹部職員が引き抜かれれば、地域医療の崩壊に結び付きかねないとの懸念も出ているとした。
 一方、既存の大学での定員増のほか、診療科での医師の適正配置や総合医の養成など、「今の医療の困っている部分を緩和するような施策」の必要性を指摘する意見も出たという。

 邉見会長は、民間の大学が医学部を新設した場合、将来的に医師が過剰になっても養成規模の縮小は難しいと指摘。歯学部の現状を例に挙げ、「削減しようとしても減らせず、結局国公立が減らしていく。同じようなことを医科大にもやるのか」との懸念を示した。


【関連記事】
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長
医療系の大学院教育検証で骨子案提示
医師不足、300床以上の病院も「厳しい状況」−全自病
日医、医学部新設には「反対」
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議

女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影−島根県警(時事通信)
スイセンをニラと間違え、家族4人が食中毒(読売新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
<フィギュア>村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
ブラック キャッシング OK
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料ホームページ
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    カナ (08/27)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    ジェームズ (05/12)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    リンデル (01/14)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/09)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    タンやオ (01/01)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    晶太郎 (12/23)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    きんちゃん (12/16)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    ちょーたん (12/10)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    夜沢課長 (12/06)
  • 「特養をよくする特養の会」が発足(医療介護CBニュース)
    ポロネーゼ (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM